I-O DATAのHDPX-UTA1.0のデータ復旧

パソコンで認識しない外付けのI-O DATA HDPX-UTA1.0が持ち込まれました。

試してみると、アクセスランプが点灯しっぱなしです。

I-O DATAのHDPX-UTA1.0のデータ復旧
I-O DATAのHDPX-UTA1.0のアクセスランプが点灯しっぱなしでパソコンで認識されない状態

1、分解して、復旧機に掛けて、ハードディスク全体を丸ごとコピーします。

I-O DATAのHDPX-UTA1.0の分解
I-O DATAのHDPX-UTA1.0のデータ復旧

2.丸ごとコピーした、ハードディスクから復旧しました。エラーはあったものの100%近く復旧成功しました。

所要時間3時間

 

NEC NS350のハードディスク交換

起動しない、自動修復を繰り返すNECのNS350/Aが持ち込まれました。

1.早速内臓ハードディスクを取り出します。ハードディスクはキーボードの下にあります。裏面のキーボード固定用にビス4本を外します。

2.ドライバーを使ってキーボードを浮かせます。(差込口が表示してあります)

裏面の蓋を外したところです。
キーボードを外すには裏面からドライバーを差し込む必要があります。

3.キーボードを外し交換します。

キーボードを外したところです。
キーボードの下に2本のネジで固定してあります。

4.リカバリーディスクから起動して、初期化しました。

5.古いハードディスクからデータを取り出します。

6.Windows8.1から10へのアップグレードをしてデータを戻して終了です。

所要時間8時間でした。

 

IO-DATA HDPF-UT500Kのデータ復旧

IO-DATA HDPF-UT500Kが持ち込まれました。パソコンに接続しても直ぐには認識せず、しばらくしてフォーマットしてくださいと出るそうです。

検査します。アクセスランプが点灯しっぱなしです。

IO-DATA HDPF-UT500Kのデータ復旧
IO-DATA HDPF-UT500KをUSBに接続した状態でアクセスランプが点灯しっぱなしです。

1.パッケージを開封してハードディスクを取り出し、復旧機に掛けます。

パッケージを開封している状態です。

2.元のハードディスクをエラー回避しながら、丸ごとコピーします。

3.コピーしたハードディスクの論理エラーを修復します。

4.修復できたところで、データを取り出します。

所要時間8時間ほど要しました。

復旧率100%でした。

 

Buffalo 外付けUSBHD-ES1.0TU2のデータ復旧

アクセスランプの付きっぱなしの外付けUSBハードディスクBuffalo USBHD-ES1.0TU2が持ち込まれました。

アクセスランプが点灯しっぱなし
アクセスランプが点灯しっぱなしになり、アクセスできない状態です

1.分解してハードディスクを取り出します。

Buffaloの外付けUSBハードディスクの分解
Buffaloの外付けUSBハードディスクの分解したところです。

2.復旧機に掛けて、復旧しながらまるごとハードディスクをコピーします。

3.一部のシークエラーが存在しますが、ほとんど復旧できました。

復旧完了まで、所要時間5時間です。

 

BuffaloのNAS LS-WXB2.0TL/R1Jのデータ復旧

起動しなくなったBUFFALOのNASが持ち込まれました。RAID構成は不明との事です。

BuffaloのNAS LS-WXB2.0TL/R1J
BuffaloのNAS LS-WXB2.0TL/R1Jの蓋を開けて、ハードディスクを取り出します。

1.2枚のハードディスクを取り出します。

2.RAID復旧機に掛けて、ディスクチェックを行います。No2のディスクがRAIDエラーを起こしています。

3.RAID構成はRAID1(ミラーリング)ということで、No1のディスクが正常であるので、比較的簡単に低料金で復旧できます。ファイルシステムはSGI-XFSです。

容量が150Gあり、一日かかりました。夕方預かって翌朝にはお渡しできました。