ビデオテープダビング(カビ取りとテープ結合)

カビの生えたビデオテープおまけにテープ切れを起こしています。今回はこれを修復しました。

テープのカビ、テープ切れ結合

1.まずはテープの結合をします。上記写真では右のテープは破棄します。どうしても結合部分の再生時ノイズは発生します。

2.結合した後に自動カビ取り器を使ってカビをとっていきます。通常はこれで取れないカビは断念します。これ以上をお求めなら手作業で膨大な時間が必要になるからです。

カビ取り時間は通常再生時間が発生し、結局通常ダビング時間の2倍の時間を必要としますのでお値段も2倍になります。

 

 

PCIe M.2の置換(250Gから500Gへ)DELLパソコン

容量不足のDELLノートパソコンの容量を挙げてほしいとのことで、お持ち込み。

1.起動正常です。CHKDSKでチェックします。エラーなし

2.SSD交換のため開封、内部の部品はPCIe M.2の250Gが付いていました。

DELLノートパソコンの内部
DELLノートパソコンの内部、M.2のSSDです

3.PCIe M.2のSSDを双方取付、丸ごとコピーソフトを使い容量拡大コピーを実施。エラーなく終了。

4.さすがに、M.2だけあってコピー時間も早い30分ほどで終了しました。

短時間終了につき、低料金でした。

 

BuffaloのUSBファイルサーバーHD-WLU3/R1のデータ復旧

バッファローのUSBファイルサーバーHD-WLU3/R1が持ち込まれました。接続できなくなったとのことです。この機種はRAID1構成です。

1.早速ハードディスクを取り出して検査します。ディスク1と2両方とも不具合を起こしているようです。

USBファイルサーバーHD-WLU3/R1
USBファイルサーバーHD-WLU3/R1

2.NAS用の復旧気に両ハードディスクを接続して、RAIDを再構築します。

3.RAIDパラメータはわかっているので、復旧機上で再構築でき復旧も100%うまくいきました。

短時間でRAID構築はできましたが、データ容量が多いため復旧に少々お時間をいただきました。

 

USB接続の共有プリンターがクライアントから印刷できない

USB接続の共有プリンターがクライアントから印刷できないとのことで出張修理しました。

1.お話を伺ってみたら、どうも更新した後に印刷できなくなったらしいです。

2.早速、昨日の更新プログラムをアンインストールしてみます。

更新プログラムの削除
更新プログラムの削除画面

3.削除後印刷できるようになりました。どうやら更新プログラムが悪さをしていたみたいです

4.このままでは自動更新が再度かかってしまうので、「Show or hide updates」を使って2度とこの更新が出ないようにします。

Show or hide updatesについてはここでは省きます。

EPSONプリンターのヘッダー洗浄(頑固な目詰まり)修復

EPSON PX-M5080Fが何回もヘッドクリーニングしても目詰まりが解消されないとのことで持ち込まれました。目詰まりを起こしているのは「シアン」です。

1.早速、ノズルチェックパターンを印刷してみます。

「シアン」色がほとんど出ていません。頑固な目詰まりです。

2.シアンのインクタンクを取り出し、特殊溶剤を付けます。半日放置します。

3.これで、インクを取り付けパターン印刷を実行します。

上手くいきました。

これで、高い修理代金を払わなくても済みました。

お客様も大変よろこんでおられました。