富士通FMV CE/C50のデータ復旧

パソコンがフリーズした為、強制終了したところ起動しなくなりったパソコンが持ち込まれました。大事なシステムやデータが入っているので早急に使えるようにしてほしいとの事です。

1.早速、パソコンの蓋をあけて、ハードディスクを検査します。

パソコンの蓋をはずした状態です。
富士通FMVの蓋をはずしてハードディスクを取り出します。

2.検査するとBIOSでは認識しています。

3.復旧機に掛けて検査すると、アクセスできない状態です。フォーマット以前の初期化を求められます。.

コンピーターの管理からディスクの管理画面
コンピーターの管理からディスクの管理画面を見たら「初期化されていません」と出ます。

 

4.復旧機でエラーを回避しながら、ハードディスクを丸ごとコピーします。

5.コピーしたハードディスクを使ってパーティションをまず、復旧します。

6.パーティションが復旧できたところでデータを復旧します。

7.残念ながら、そのまま起動できる状態までの復旧には至らなかったものの、大切なデータの復旧は出来ました。

所要時間1日かかりました。

 

東芝 T552/58のキーボード交換

動作しないキーがあるということで、TOSHIBA T552/58GRの持ち込みがありました。

キーボード交換を交換方法

1.バッテリー、メモリー、ハードディスクを外します。

2.裏面のビスを全部外します。

T552の内部
T552の裏カバーを外したところです。

3.ドライバーの先を穴に差し込み、キーボードを抑えている爪を外します。何ヶ所か外すと簡単に外れます。

キーボードが浮いたところです。
キーボードが浮いたところです。

4.交換した後に下のほうの爪の部分を抑えれば終了です。

 

富士通 LIFEBOOK A574/MXのハードディスク交換

ハードディスク交換を交換してほしいという富士通のLIFEBOOK  A574/MXが持ち込まれました。もちろんデータも引っ越しします。

1.早速、分解ですが、これが簡単に交換できないんです。ます、裏のバッテリーやメモリーの蓋を外します。

2.裏面の全部のネジを外します。

3.表のスイッチ部分を外します。

4.キーボードが2本のネジで止まってます。キーボードを外します。

5.内側のネジ全部を外します。画面のヒンジの部分のネジも外します。

6・画面を外します。

7.表のカバーを外します。

表のカバーを外したところです。
表のカバーを外したところです。色々な線が繋がっていますので、慎重に行います。

8.やっとハードディスクが見えて交換できるようになりました。

所要時間データ引っ越しまで5時間でした。

 

DELL OPTIPLEX 790のデータ取り出し

DELL OPTIPLEX 790のデータ取り出しです。起動しなくなったパソコンからのデータ取り出しです。出張で行いました。

1.PCの蓋をあけて、HDDを取り出して検査します。

DELL OPTIPLEX 790の蓋を開けたところ
DELL OPTIPLEX 790の蓋を開けてハードディスクを外したところです。

2.他のパソコンにつないでアクセスできるか確認します・・・・OK

3.そのまま、セキュリティを解除して、別のUSBHDDへコピーしました。

4.新パソコンへのデータ引っ越しも行いました。

所要時間1時間ですので、低料金にて実施しました。

 

オーダーメイドパソコンの販売

ゲームをするわけではないけど、早く起動して、動作も早いパソコンというスペックで注文をいただきました。

CPU・・・最新のインテル第9世代 i59400
メモリー・・DDR4 8G
HDD・・・SSD480G

上記スペックで組み上げます。

マザーボード他
マザーボードとグラフィックボードと最新のCPPUで組み上げます

その他ミニタワーケースと電源を準備して、組み上げます。

パソコン内の配線をします。
写真は接続したままの状態で配線の美化をしていません。この後に配線をきれいにします。

配線各種が終了したら、OSのインストールへ進みます。

これで、完成です。